スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こむら返りにご注意

2014.07.26 22:18|ツボの話
真夏で水分が不足するとこむら返りがおこりやすいので、ご注意。

こむら返りの「こむら」とは、ふくらはぎを指す古い言葉だ。太ももや足の裏で起きてもこむら返りと呼ぶが、やはりふくらはぎが最も起きやすい。

 ふくらはぎの大部分を占める筋肉は、腓腹(ひふく)筋と呼ばれる。「脳や脊髄(せきずい)などの中枢神経からの信号を筋肉のセンサー(筋紡錘)が受け取り、状況に応じて柔軟に伸び縮みする」

 ところが、センサーが何らかの原因でうまく働かなくなると、腓腹筋全体が異常に縮んでこわばり、強い痛みを引き起こすことがある。これがこむら返り。

 こむら返りが起きた時、たいていの人は、足の指を引っ張るなどして腓腹筋を伸ばそうとするが、これは理屈に合った対策だです、

  就寝中のこむら返りは特に嫌なものだが、「寝る前に、軽く腓腹筋を伸ばす運動をすると起こりにくくなる」足全体をまっすぐに伸ばした形 から、爪先を上に向けると、腓腹筋が引っ張られる。その姿勢で足の指を手で持ち、30秒ほどストレッチをすると、センサーの感度もよくなります。

 「朝、布団の中で伸びをする時は、つい爪先までうんと伸ばしてしまい、こむら返りになることが多い。なりやすい人は爪先を上げることを心がけて」

 冷房で足が冷えると、センサーの働きが鈍るので、その対策もしておきたい。冷房が強い場所では長い靴下をはき、寝る前に風呂や足湯でふくらはぎを温めるのも効果的です。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。