ツボはどうして効くのか

2017.02.04 10:59|ツボの話
近年、西洋医学ではなかなか効果が得られない疾患に対する治療法として、または、西洋医学と併用する治療法として、東洋医学が注目を集めています。

東洋医学の考え方の基礎となっているのが、古代中国の哲学である「陰陽論」と「五行論」です。

陰陽論の考え方とは、宇宙の全てのものは、陰と陽の二 つの相反する要素から成り立っているというものです。

一方、五行論とは、然界の様々な現象を、「木火土金水」という、5つの要素に分けて、その因果関係を 説明しようというものです。

人間の体内にある、臓器、五臓六腑も、全て5つにあてはめて考えられています。
●「木」に属するもの・・・肝の臓、胆の腑
●「火」に属するもの・・・心の臓、小腸と三焦の腑
●「土」に属するもの・・・脾の臓、胃の腑
●「金」に属するもの・・・肺の臓、太陽の腑
●「水」に属するもの・・・腎の臓、膀胱の腑

そして、病気とは、これらの五行の乱れによって、生じるものであると考えられています。所属する臓器に異常が生じるというわけです。

従って、木火土金水の五行の調和を考えながら、五行に属する五臓六腑を調節することによって、病気を治療するという考えで成り立っています。

ツボが存在する経路には、肺経、太陽経等があります。肺の臓をめぐる経路には、肺経、太陽の腑をめぐる経路には、太陽経というように、それぞれが、 めぐる臓腑の名前が付けられています。

そして、これらの経路は、関連の臓腑にエネルギーを与える役目を持っているというわけです。そして、ツボ療法も、こ のような考え方に従って、不調な臓器に対応する適切なツボを刺激するというものなのです。


まずは、人体解剖と同じで全身の神経と筋肉の全体把握。基本ありきです。

そして、世界保健機構(WHO)に認定されているツボの数は361あります。
スポンサーサイト

不眠時に即効性のあるツボ

2016.10.08 17:21|ツボの話
患者様から

不眠症のきっかけは、睡眠のリズムが狂ったことだった。病院で処方された睡眠薬が耐性で効かなくなり、都内の病院を受診。

カウンセリングなどを受け、半年後には睡眠薬なしでも眠れるようになった。

「眠れないから日中、体がだるくて仕事の能率が下がり、『眠らなきゃ』というプレッシャーでさらに眠れなくなるという悪循環に陥ってしまう患者様が多い」

不眠症とは1カ月程度以上、病気や薬の副作用以外が原因でよく眠れず、日中の体調が優れない状態を指す。入眠困難▽中途覚せい▽早朝覚せい▽熟眠障害の4パターンがあり、働き盛りの男女、高齢者の順に患者が多いという。

健康・体力づくり事業財団の調査によると、日本の成人の3割強が不眠症で、現在はさらに増えているとみられる。若年者は入眠困難、中高年は中途覚せいと早朝覚せいが多いとされる。昼間の運動不足が考えられる。

入眠前の2時間はスマホとパソコンをやめて、LEDの光から離れましょう! 交感神経を休めてください。

床に入って30分以上眠れない場合は一度起きて、失眠と三陰交のツボを中心にドライヤーを距離を置いてみると良い。火傷に注意して、三陰交とかかとを温めてみましょう。パタッと眠れます!!!

腰痛の原因

2016.06.14 11:54|ツボの話
腰痛の原因の約85%は不明です。

一説にはストレスとの説もあります。 

太腿の後ろの凝りをストレッチしてほぐしてみましょう!

咳がとまらないのは口紅のせい!?

2015.06.07 13:09|ツボの話
コチニール色素
中南米原産のコチニールカイガラムシから抽出され、清涼飲料水や菓子、口紅、アイシャドーなどに広く利用されている赤色の着色料。日本では2012年5月、コチニールを使った製品の飲食による呼吸困難などの急性アレルギー症状が報告され、消費者庁が注意を呼びかけた。http://www.caa.go.jp/safety/pdf/120511kouhyou_9.pdf

口紅をつけると、咳がとまらない。そんな症状にみおぼえありませんか?

こむら返りにご注意

2014.07.26 22:18|ツボの話
真夏で水分が不足するとこむら返りがおこりやすいので、ご注意。

こむら返りの「こむら」とは、ふくらはぎを指す古い言葉だ。太ももや足の裏で起きてもこむら返りと呼ぶが、やはりふくらはぎが最も起きやすい。

 ふくらはぎの大部分を占める筋肉は、腓腹(ひふく)筋と呼ばれる。「脳や脊髄(せきずい)などの中枢神経からの信号を筋肉のセンサー(筋紡錘)が受け取り、状況に応じて柔軟に伸び縮みする」

 ところが、センサーが何らかの原因でうまく働かなくなると、腓腹筋全体が異常に縮んでこわばり、強い痛みを引き起こすことがある。これがこむら返り。

 こむら返りが起きた時、たいていの人は、足の指を引っ張るなどして腓腹筋を伸ばそうとするが、これは理屈に合った対策だです、

  就寝中のこむら返りは特に嫌なものだが、「寝る前に、軽く腓腹筋を伸ばす運動をすると起こりにくくなる」足全体をまっすぐに伸ばした形 から、爪先を上に向けると、腓腹筋が引っ張られる。その姿勢で足の指を手で持ち、30秒ほどストレッチをすると、センサーの感度もよくなります。

 「朝、布団の中で伸びをする時は、つい爪先までうんと伸ばしてしまい、こむら返りになることが多い。なりやすい人は爪先を上げることを心がけて」

 冷房で足が冷えると、センサーの働きが鈍るので、その対策もしておきたい。冷房が強い場所では長い靴下をはき、寝る前に風呂や足湯でふくらはぎを温めるのも効果的です。