腰痛の正体

2017.05.15 11:24|ためになる情報
デスクワークでの腰痛の本当の原因は自律神経の過度な興奮!


副交感神経が和らぐようにしましょう


スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体

マインドフルネス

2017.03.21 21:34|ためになる情報
マインドフルネスが心の静寂に有名ですね。

学んでみましょう。

その不調はパン食が原因!?

2016.12.03 11:08|ためになる情報
 ジョコビッチの食事法で一躍有名になり、世界中の一流セレブが実践している小麦抜きの食事法、「グルテンフリー」。
パン食をやめてみませんか? 
片頭痛、肩こり、眼精疲労、脳疲労に肥満、メタボ、糖尿病、肌荒れ、不眠、生理不順、食事のあとの下痢など、お医者さまから「異常はありません。ストレスはためないでくださいね」といわれ、対処法も見当たらず、あきらめてしまった持病はないだろうか?

 食事に気をつけたり、サプリメントを試しても改善しないとき、その不調の原因は、もしかしたら「毎日のパン」にあるかもしれない。実は、たった一つの食材をやめるだけで心と体のバランスを取り戻し、あらゆる体の悩みを解決できるかもしれない。その食材とはみじかな「小麦」。あなたの大好きな毎日の「いわゆる普通のパン」だ。

世界ランキング1位のテニスプレーヤー、ジョコビッチが実践していると話題になった小麦抜き生活は「グルテンフリー」と呼ばれ、日本にも広がり始めている。

 「グルテン」とは、小麦や大麦などの穀物に含まれるタンパク質の一種で、自分でも気づかないうちにこのグルテンのアレルギーを持ち、息切れやめまいといった不調を起こす人が多い。「グルテンフリー」はそんなアレルギーを持った人の間で取り入れられていた食事療法だが、アレルギーを持たない一般的な人がこの食事方法を試したところ、体調がよくなったり、痩せるなどの効果が表れ、健康や美容に気を使う人を中心にさらに多くの人に知られることとなった。

 ケーキやラーメン、パスタ、うどん、クッキー、菓子パン…。小麦粉の食品は私たちの生活に深く入り込んでいる。知らず知らずに、グルテンを大量に摂取しているのが現代人の食生活だ。

・過敏性大腸炎
・「うつ病」と診断されて、薬も毎日飲んでいる
・どんな化粧品を使っても肌の荒れがおさまらない
・帰り道がわからなくなるほどの激しい頭痛
・標準体重を20キロもオーバーした肥満

あなたも3日間で良いからまずは、小麦をやめてみませんか?体調が戻るかも!?

脳が錆びる!?

2016.03.26 16:13|ためになる情報

物忘れが始まったと思う時に脳の疲労=錆を回復するには、鳥の胸肉の料理がお勧め。

鶏の胸肉に多く含まれてます。その成分は脳関門を通り抜け、脳に直接作用します。

脳の活性酸素を消去します。

思考時には、脳は大量のエネルギーを消費します。

エネルギー産生により、大量の活性酸素が発生します。

大量の活性酸素は、脳にダメージを与えます。

鳥の胸肉に含まれるイミダペプチドは、脳で発生した活性酸素を消去します。

活性酸素を消去する栄養素で、鶏のむねの肉には、豊富にイミダペプチドを含んでいます。

高血圧症には減量がおすすめ

2016.02.25 12:24|ためになる情報
高血圧症で190を超える場合には薬物療法
そして、特に減塩による食事療法、運動療法が大切です。
1年間で6キロを超える体重増加による高血圧症には、朝昼晩の食事の前に難消化性デキストリンを2gを溶かして飲んでから食事をとりカロリーを制限、また、一日20分以上の散歩による運動療法をおすすめします。
厚生労働省のリンクを貼ります。厚生労働省の高血圧ホームページ